飲食店はサービス業、料理にこだわり過ぎて顧客を軽視してるのは最悪

顧客

動画も撮ったのでよかったら観てください。


 

こんばんは、ユウです。

 

今回は飲食店の話を書いていきたいと思います。

 

飲食店って料理を提供するだけじゃない。

飲食店ってサービス業。

 

いくら料理が旨くてもすごい汚い飲食店は嫌でしょ?

反対に料理がすごい旨いわけではないけど、

店の人と話して楽しめたり、また来店した時に

自分の事覚えていてくれたら嬉しくなる。

 

リピートする理由って料理が旨いってだけではないです。

 

例外があって

料理がめちゃくちゃ旨いケース。

 

だけど、

飲み屋などはすごい料理に差があるというわけではなく、

あまり差がないというのが現実。

 

なのでサービス業として

顧客に楽しんでもらうような事をしていくと

売上が伸びていく。

 

顧客が喜ぶことをすれば儲かる。

 

僕が前利用した店で

料理は結構良かったのだけど

 

接客態度が、かなり悪かった。

何か嫌な事とかあったのかもしれないが、

威圧的な感じでイラついたような表情だった。

「何だこいつは」

と思った。

 

同じ金払うなら、接客態度良いところ行く。

という話。

 

ラーメン屋などの店主にありがちな、

自分の料理に過剰に自信を持っているタイプ。

 

こだわりが強く、

顧客目線ではなく、

自分が作りたいもの作っているタイプ。

 

これは危ない。

それがめちゃくちゃ本当に旨ければいいけど。

 

別に、他の店でも食べれるってのが多い。

 

サービスが大切なのに、料理重視パターンが多い。

ある程度のレベル料理の旨さ

というのは当然というか最低ライン。

 

店に来てくれた大切な顧客に

楽しんでもらう、喜んでもらう。

これに力を注げば良い。

 

相手を愉快にさせて、店側損することはない。

 

顧客も嬉しい。店側もお金をたくさん使ってもらえて嬉しい。

良い事づくし。

 

こういう思考の店はあまりない。

メニュー、内装、外観などで違いを出すくらいはやるけど。

 

それも大切だけど、

方法でしかない。

 

目標と方法を一緒にしてはいけない。

 

料理が旨いのに潰れてしまう飲食店はもったいない。

飲食店として「料理の旨さ」にこだわり

人を見てない。

 

本来であれば飲食店は料理の旨さでしょ!?

と思うかもしれない。

だけど実際はそうじゃない。

(料理のみで生き残ってる店舗もあるけど稀)

 

論理だけで、感情を軽視しているオーナーが多い。

 

世間一般的に良しとされるものが、

そうじゃないことはよくあったりする。

 

この世の中、需要と供給で回っている。

正しさは場合によって違ってくる。

 

客観視できるようになると素晴らしい。

 

今回は以上です。

ありがとうございます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は2016年にうつ病になりました。
当時ブラック企業に勤めていて精神も肉体も崩壊して、
「もう死んでもいいかな」と思うまでになってしまいました。

それから何とか快復して
「もう雇われる人生は嫌だ!」と強く思い、
雇われずに生きていく決意をしました。

ビジネスの勉強をし
経営者の人たちとお会いしたりして、ビジネス仲間もでき、
今は自動でビジネスが回る仕組みを作っています。

そして辛かったブラック企業の実体験をまとめて、
無料で読めるようにしました。

お読み頂いた方々から、

「文章上手いですね!」
「めっちゃ面白かった!」
「すごい引き込まれました!」

 
などの感想を頂いており好評です。
お手にとっていただければ嬉しいです。
 
下のリンクをクリックするとダウンロードページに飛びます。