元ブラック企業社員ユウのプロフィール

動画も撮ったのでご覧ください。

こんばんは、ユウです。

この度は僕のブログを訪れていただきありがとうございます。

僕は2016年夏に中程度のうつ病と診断されました。
それまでブラック企業に勤めていて、精神的に追いつめられていきました。
毎日下痢、吐き気、頭痛、腹痛などの症状が全て襲ってきて、
トイレに気持ち悪さや下痢の為閉じこもり
やっと大丈夫になったと思ったら
また下痢や気持ち悪さに襲われてトイレに駆け込む状況でした。

食欲もなく体調の悪さで寝ることも
ままならず今までの人生で最悪な体調不良でした。
「もう死んでもいいかな」と思うほど追いつめられていました。
非常に辛い時期でした、その後何とか回復しました。

そしてもう雇われるのは嫌だ!! 雇われずに生きていこうと決意しました。
2016年秋頃からネットビジネスをやり始めました。
周りの人たちにブラック企業の実体験を話すと興味を持たれたりするので、
ブラック企業での経験をまとめた無料レポートを作成しました。
知り合いの経営者に見てもらったら、

「文章上手いですね!」
「めっちゃ面白いですね!すごい惹きこまれました!」

と好評でしたし、
他のビジネス仲間にも、「面白かった!」と喜ばれ、サイトに載せたら、
何十人がダウンロードしてくれました。

そして、
「すごい大変な経験されたんですね」とメッセージももらいました。

後自己アフィリ(商品を自分で申し込み利益を得る)、
youtube動画作成100本以上 公開してるのは半分くらい、
Twitterをbot(自動でつぶやくシステム)で運営し、
LP(アドレス取得Webページ)、
ステップメール(自分の指定した時にメール送信できる)の仕組み作り、
ネット物販などをやってきました。

現在はこのような情報発信ビジネスに取り組んでいます。
個人コンサルをしてもらいながら、
学び実践改善の日々を送っています。

ブラック企業辞めてからは
精神的肉体的にもの凄い楽になりました。
例えるなら、刑務所からようやく出れた感じですかね。
まぁ、刑務所は入った事ないですけど笑
例えるなら、そんな感じかなと。

同じようなビジネスしている人たちと一緒にいるのは
楽しいですし、勉強になりますし、良い刺激になります。
カフェで仕事できるとかも良いです。
カフェじゃなくても、
ネットに繋がったパソコンやスマホが
あれば仕事できるし。
僕は内気な性格ですが
それでもネットビジネスなら問題なくできます。

これから一緒に成長していける仲間を作っていきたいと思ってますし
自分自身も教材やコンサルを少し先を行く先輩のような感じで
初心者の人に教えていきたいと思っています。
一緒に成長していきましょう。


でも、ブラック企業社員時代は思考停止状態で
「毎日何の為に生きているのだろう」と思っていました。
早起きして夜中に帰ってきて
休日も上司から会社に来るよう強要され休めず出勤する。
こういう生活してたら
それは思考停止にもなるよなと思います。

だけど、この時はこれしかない。
この道しかない、この選択しかない。
辛くても苦しくてもとにかく会社に行く以外に道はないと思っていました。

絶望です。

知識がないから、知らないから。どうしようもないと思い込んでた。
他の世界があること、他の道があることを知らない分からなかった。


トヨタの社長や経団連会長も終身雇用は難しいという事を意見しました。
前から多くの人は終身雇用は難しいのは分かっていたと思います。
それがこの二人が明言したという事は
もう本当にヤバいのでしょう。

今不安に苛まれている人が多いと思います。
このまま会社にいても将来は……

暗い未来しか想像できない。


僕は同じように仕事に苦しみ悩み辛い思いをしている人の気持ちが分かるし
何とか力になれないかと思います。

先輩のような感じで
教えられること教えたいし
今の道だけではなく、他の道もあるのだという事を知り
未来に希望を感じてもらえたら良いなと思っています。

このブログでは、そういう人に向けて書いていこうと思ってます。
共に学び一緒に成長していきましょう。

僕の過去の経歴を共有しておくと、
より理解もしやすくなると思います。
なので、少しばかり僕の過去の物語を今から共有をしていこうと思います。

小学生 いじめられていた

小学生高学年の頃はいじめられていました。
殴られたり、靴に画びょうやらゴミを入れられたり、そんな日々でした。
学校に行くのが嫌でした。
でも行く以外の選択肢はないと思い込んでました。

休み時間など殴られていたので、どうすれば殴られなくなるかと考え、
「そうだ、ベトベトするクリーム塗れば奴は嫌がるだろう」
と考え、アロエクリームを顔面に塗りたくって学校に行ったら、
いじめてた奴「うわぁ、ベトベトする」と言って、
殴ってこなくなりました。
「とりあえず良かった」そんな気持ち。
小学生ながらどうやって生き抜くか必死に考えていたのだと思います。

画びょうやゴミについては、やられっぱなしでした。
いつも数人で外の掃除の時間から返ってくると下駄箱で待ち伏せをしていて、
やつらがニヤニヤしながら待っていて、
僕の様子を見ていて楽しんでいた感じです。
「マジこいつら最低だな」とか思ってましたが
何も言えませんでした。
いつも掃除の時間が終わった後は憂鬱で
「あぁぁぁぁ、嫌だ!」と思うけどどうもしようもないと思ってました。

自分が我慢すればいいのだと思い込んでたのだと思います。
このような経験があり内気な性格になってしまったのかもしれません。
でも親には言えないし
わざと明るく振舞うようにしていました。
我が子がいじめにあってると知ったら親が悲しむだろうから。
そういう小学生時代でした。

中学生 何もできない

それから中学生になりましたが、僕は運動も勉強もできる方ではなかったです。

勉強はつまらないし、わからないし、運動も好きではなかった。
同級生が恋愛しているけど、自分は特に何もない。
恋愛したいなと思っていたけど、行動することはしない。

部活は1年生の頃は柔道部に入っていて、
先輩に投げられまくって、周りに笑われる。
練習中に反則し殴ってくるやつもいて、
先輩も他のメンバーも嫌で1年で退部した。
「何なんだこいつらは」と思っていました。
退部するのも勇気が必要でした。
「あぁ、退部できるのかな、大丈夫かな」というような。

2年生と3年生はテニス部にいましたが、
壁打ちといって、壁に向かって球を打ち返す事をやっていて、
試合も出たけど、顔面に球があたったり、打ち返すことができなくて、
散々な結果でした。
他校の奴に突然わざと腕にジュースかけられたりした事もあったなぁ。

「俺は何にもできないのか」
「俺はダメなんだ」と自己嫌悪です。
自分の事が嫌いな状態です。
励ましてくれる人なんていなかった。
マイナスなネガティブな事言ってくる奴はいるけど。。。

受験の時も勉強する気になれず、
偏差値40くらいの高校に一般受験で何とか受かりました。
勉強や運動もできて、恋愛を楽しんでる同級生もいて、羨ましかったです。
何であいつらはできるのに、自分はできないのだろうと感じていたけど
どうすればいいのかわからない、知らない。

自分とは違う人間なのかとか思ったり、
ある日突然自分が良い方向に変わらないかなと
かなり他力本願だったと思います。
「あぁ、オレの人生って」というマイナス思考でした。

高校生 民度の低い連中ばかり

次は高校時代です。
ヤンキー高校で、
喧嘩をしてナイフで頭を切られたりしてるやつとか、
教師も指がなかったり、ハイキックをしてきたり、
男みなたいな女教師がいて、ビンタされたり、
同級生が暴走族に入っていて、
リンチにあって殺されたりとか荒れ狂っていた感じです。

何かあると連帯責任と言って、腕立て伏せ100回とか強制的にやらされます。

恋愛面では、「もう無理なの」と振られたり、
束縛が激しい娘で嫌気がさしたり、良い思い出がありません。

後学校帰りに、
街中を友達と歩いていたら突然、
不良10人くらいに囲まれカツアゲをされたり、
四人に絡まれ部屋に連れ込まれて、
一方的に殴られナイフで脅され殺されるかと思いました。

そんな高校生活でした。
こちらの記事でも高校時代の辛い体験について書きました。
こんな思い出ばかりのせいか、地元がかなり嫌いで早く1人暮らしをして、
この場所を去りたいと強く思っていました。

大学は指定校推薦で受かり、隣の県に行く事になり、
ようやく脱出できると嬉しかったです。
「あぁ、これで、俺にもようやく薔薇色の人生が」とか思ってました。
まぁ、地元から出ていければどこでも良かったのですが。
「憧れのキャンパスライフ青春を謳歌するのだ!」という感じ。
1人暮らしも初めてで、ワクワク、ドキドキって感じです。

これから新しい生活が始まるぞ!よし!
輝かしいオレの人生がスタートだ! みたいな笑

大学生 ぼっちで辛い

僕が思っていた理想のキャンパスライフは
異性同性両方の友達が多くいて、いつもワイワイ
恋愛も楽しんで毎日のように笑顔でいる事でした。

新生活が始まる前ワクワク、ドキドキでした
ただ、
大学生になって、初めての1人暮らしは想像していたのと違いました。
両親が引っ越しやら何から何まで準備してくれました。

しかし、
1人になり生活していると何から何まで
自分でやらなくてはいけない事の大変さに気づきました。

朝起きたら、1人ぼっち天井を見上げながら、
「あぁ、一人暮らししてるんだ」
と寂しさもあるし、学校に行っても1人だし、
何だかなぁ、理想のキャンパスライフとは程遠いものでした。

昼の食堂でみんなは友達や恋人と楽しそうにしてるのに
自分は1人なので、すごい居づらいし、惨めな気分でした。
「早くこの場所から離れたい」と思いながら食べてました。

講義受けるのも1人だし
他のみんなは楽しそうで、ノートとかも借りられるし
自分は1人だから虚しくて悲しくて惨めでした。
「こんなはずでは、はぁ」という感情です。

他の学生は友達や恋人と
楽しそうにしているのが非常に羨ましかったです。

毎週大学が休みの土日は実家に帰ってました。
そして月曜日の朝に両親に車で送ってもらうことも頻繁にありました。
大学に行く意味や1人暮らしの意味ないなと思い、中退することにしました。
父親は反対していましたが、最後はしぶしぶ了承してくれました。
無駄遣いや手間をかけてしまい、申し訳なく思いました。

それから実家に戻り、派遣で上京するための資金を集めます。

雇われ人 その果てに

資金を貯めて上京して、派遣で働き始めますが、その後も職を転々とします。
1日中電話セールスで契約とれないとマズイ、
次のコールセンターは更に酷くて暴言だけでなく、
殴る蹴るもありました。
先輩が被害にあっていて、常に脅えてました。

次にIT企業に勤めますが、そこでとうとう限界がきて、
中程度のうつ病と診断されてしまいました。
冒頭でも書きましたが、
毎日吐気、頭痛、下痢、腹痛が続き
気持ち悪くてしょうがない状態になってしまい、
トイレに気持ち悪さや下痢の為閉じこもり
やっと大丈夫になったと思ったら
また下痢や気持ち悪さに襲われてトイレに駆け込む状況でした。

食欲もなく体調の悪さで寝ることもままならず
今までの人生で最悪な体調不良でした。
「もう死んでもいいかな」と思うほど追いつめられてしまい危険でした。
それがあって、雇われ人を続けていくのは危険だと確信して、
雇われずに生きていくと決意しました。

ネットビジネスを始めてから

ネットをたまたま見ていたら、

「ネットで自由に暮らせる」
「雇われずに暮らせる」
「20代でセミリタイア」

みたいな事が書いてあるので
ビックリしました!
「えっ、こんな事あるのか、できるのか」
「本当かな? 本当だったらかなり凄い事だよな」 という感じ。

疑いの気持ちもありましたが、
これを信じたい、この世界があってほしいと藁にも縋る思いでした。
「なければ困る、あってくれ頼む」という感じ。
結果あって救われた気がしました。
希望の光が!という状況。

そこからネットビジネスについて調べたり勉強し始めました。

そこで学んだことは面白く、
例えば、マックに行くとして、ハンバーガー注文して、
店員に「ポテトもいかがですか?」と訊かれますが、
これは、「クロスセル」と言って、ついで買いを促す行為です。
「へぇ~~、そうなんだ」と日常生活のこんなところにもという感じで、
ビジネスが身近に思えて刺激になりました。

仕組みを作ったり初めての事なのですごい大変でしたが、
自分が成長できているのが実感できるし、
ほとんどの人は行動すらしないので、行動すれば一歩も二歩も先に進めます。

たまにビジネスのコミュニティで出会った仲間と連絡して
どんな事を今やってるとか、
ゴハンにも行って情報交換したりもします。

興味関心があり、これからやりたい事は、
音楽活動、世界旅行、中国語と英語を習得する。

音楽が好きで、作詞や作曲もしてみたいですし、
ヴォーカルとして、
1人でも多くの人の心に残る名曲を作りたいと考えています。

世界旅行をして色んなキレイな景色、素敵な経験、
素敵な人達に会いたいと思っています。

中国語と英語に関しては、
これからは中華圏の影響はより強くなっていくと感じます、
なので、
中国語喋れればより可能性が広がると感じています。
英語は、世界で広く使われていて、
およそ4人に1人が英語を使用しているとも言われているので、
習っておいた方が良いと感じています。



巷では簡単に稼げる楽に稼げるとか言い
詐欺まがい、違反をしている連中も多いと思います。
そんな連中は害悪です。


そういう奴らに騙されないように
自分を成長させていく必要があります。
ビジネスを学んで実践していく必要が。
僕はそういう頑張る人を応援したいし
サポートしていきます。

新しい世界、知らない世界に入るのは最初は怖いです。
でも、勇気を出して頑張ったら世界が変わり
あの時勇気を出して良かったなと自分を褒められる日がくるでしょう。


僕昔はセルフイメージ低かったです。
その原因って周りの人間が自分の事否定してくるからだと思うのです。

「お前には無理だ」
「お前なんかできるわけない」
「諦めろ」
「お前バカだから」

こういう事言われたりしてたら
それはセルフイメージ低くなるなと思います。
「自分はダメなんだ」
そうなってしまいます。

そういう悪い環境にいるのは危険だし
脱出した方が良いです。

僕が今いる環境は上記のようにむやみに否定してくる人はいません。
ポジティブな環境です。

なので、良い環境を選ぶという事は大事です。
良い環境を選べば
不自由な生活の脱出に近づき
学び実践改善を繰り返していけば良いです。

ちなみに、僕の理想の人生は
基本自分がやりたくない事はやらない、
やりたい事をとことん熱中してやれることで
時間的自由、精神的自由、身体的自由、金銭的自由を獲得する事でもあり
これが不自由じゃない世界だと思ってます。

時間的自由=時間がたっぷりある
例えば、明日旅行行きたいと思ったら行ける。

精神的自由=心配事がない
例えば、もし貯金がなくなっても
いつでも金生み出せるから心配ない。

身体的自由=健康であること
健康で身体問題なく動ける事

金銭的自由=金がたっぷりある
特に値段を気にしないで買い物できる

今ブラック企業など
仕事が苦しい辛い嫌な人が良い方に変われる環境作っていきます!
例えば、
僕が教えられるやってきた事をチャットや電話でアドバイス
近ければ直接会って話したり
一緒に作業もいいかなと思ってます。
ちょっと先を行く先輩みたいな感じで
仲良く楽しくお互い成長できたらと考えています。

こんな感じで自己紹介を終わりたいと思います。
ありがとうございます。

 



最近LINE公式アカウント作りました。

僕が1対1トークで相談のります、
僕自身最初は相談できる人がいなくて困ってました。

何をすれば何をやればいいのかわからない。

でも、気軽に質問や相談できる人がいればそういう
モヤモヤしている時間がなくなります。
時間の短縮になります。
人生は有限なので、ぼーっとしてたら
あっという間に歳だけとって後悔してしまうと思います。
「あぁ、あの時行動していれば」というような。

ブログでは書いていないようなあなたに最適化した情報も
公式ラインアカウントで直接やりとりする事で
できますし人によって今状況が違うと思うので
1人1人にあった方法などお話できたらと思ってます。

僕自身今個人コンサルを受けていて日々精進しています。
色んな情報シェアしてお互いに一緒に頑張って成長できたら良いですね。

あっ、もちろん無料なので安心してください笑
時間も特に気にせず
友達や先輩みたいな感じで気軽にLINEしてください!

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA