嫌な事があっても、それに心を乱されないニュートラルという選択肢

動画も撮ったので、よかったら観てください。


こんばんは、ユウです。

最近高齢者の暴走運転がよくニュースになっている気がする。
そういう嫌なネガティブなものを見たり聞いたりすると
なんか気分が落ちたりしませんか?

「あぁ、またこういうニュースか」みたいな。
結構こういうニュース話題って広まるのが早いと思う。
何回も繰り返し報道もするし。
人から人へどんどん伝染していく感じ。

「この間あの悲惨な事件あったよね」
「あぁ、あれは酷かったね」
「あっ、よく見たら家の近くだ!」
「うわぁ、怖いな」のような。


引き寄せの法則の影響で
ネガティブになってはいけない。
ポジティブにいなければと思ってる人もいるでしょう。
無理やりに自分をコントロールしようとしている。


嫌な生物
ゴキブリや蜘蛛が出現したら
「うわぁ、くるなー! あっちいけ!」
と思うとこっちに向かってきたりする。

「ひえー」って感じ。

こういう経験ある人も多いと思う。


そうならないよう動じない心というか、
これからはニュートラルになろうという話。
嫌という気持ちに心を支配されない。
心を乱されない。


例えば、映画館で映画を観ている時
静かなシーンの時

だれかが、「ぶりぶりぶり~~~」とオナラをしてしまった。

それはポジティブでも、ネガティブでもなく
ただ起こっただけ。

でも、自分もこんなとこでオナラしてしまったら
どうしようと思うと

「ぶりぶりぶり~~~」 としてしまったりする。

ん?なに?
オナラがどうした?

不動心。動じない心。
ニュートラル、平常心。

へぇ、そんな事があったのか。みたいな。
気にも留めない感じ。


学生時代
授業で教師から
「じゃあ、この問題は誰に回答してもらうかな?」
という状況で、自分は指名しないでくれ!と思っていると

「じゃあ、◯◯!」と自分が指名されてしまう感じ。


「来るな来るな」と思ってると来てしまう。


なので、ニュートラルになる。
「へぇ、そうなんだ」「そんな事があるんだ」的なマインド。


このニュートラルという事を聞いてから
この思考良いなと思ったのでシェアしました。

僕はこれを知ってから嫌な事があっても
前ほどは気にならなくなりました。

嫌な奴の声とか聞こえても
「あぁ、奴がいる」くらいに。


ニュートラルという選択肢を知る前は
嫌な奴の声や嫌な事があると心が嫌な反応なんですよね。

「ドキッ!」と心が痛む感じで
「あぁ、嫌だな」とその事をしばらく考えてしまう。


嫌な事嫌な気持ちを感じてしまったりはするけど
前よりはかなりマシになった感じです。


まぁ、美味しいゴハンでも食べに行きましょうか。みたいな感じで。


今回は以上です。
ありがとうございます。