神話の法則を使ったストーリーライティングで読まれる文章を作る方法!

こんばんは、ユウです。

文章書く関係の仕事や趣味をしている人で
「いやぁ、読まれる文章書きたいなぁ!」

と思っている人多いでしょう。

なので今回は
「神話の法則を使ったストーリーライティングで読まれる文章を作る方法!」という話をします。

 

神話の法則を内容を簡単に説明します。

ストーリーを型通りに作ると
人種、性別、年齢など関係なく様々な人から支持されるという法則です。

 

正直僕はビジネスを始めるまで
知らなかったです。

勉強した事をアウトプットしていくという事でブログにしてみます。

これを知ってると知らないとでは
かなり差がつくと思います。

 

文章をたくさん書いたとしても全然読まれない人

一方神話の法則を分かっていて文章書く人は
「いやぁ、面白いですね!」「ファンになりました!」

とか読者に言ってもらえて、両者には大きな差が生まれます。

神話の法則を使ったストーリーライティングで読まれる文章を作る方法!

 

何で神話の法則を使うと読まれる文章になるのかというと
結論面白い文章になるからなんです。
これから詳しく説明していきますね。

 

  1. 神話の法則を使う事でなぜ読まれる文章になるのか?
  2. 神話の法則をシンプルに言うと

 

神話の法則を使う事でなぜ読まれる文章になるのか?

その理由は面白くなるからです。

神話の法則を使ったストーリーライティングは
取り入れると面白くなります。

主人公が平凡な状態から
異世界へ勇気を出して一歩踏み出して
主人公を支える仲間と出会い
試練をクリアして
どんどん成長していきます。
視聴者はその姿に感情移入します。

淡々と事実を書いても面白くないです。

「今日猫を見た、可愛かった。家でも買いたいなと思った」
とか面白くないじゃないですか?

 

あっ、面白い例として
進研ゼミとか分かりやすいかもしれません。

 

主人公「あぁぁ、勉強も部活も上手くいかないや」

そんな日々を過ごしていると
ある日家に進研ゼミの案内が届いた。

主人公「うわぁ、何これ!楽しそう!」
   「そうだ母ちゃんに相談してみよう!」
   「進研ゼミやりたいんだけど」

母  「あんたこういうの続かないからダメ!」

主人公「今度は大丈夫だから!お願い!」

母  「まぁ、そんなに言うならしょうがないわねぇ」

主人公「本当やったぁ!」「よし、頑張るぞ!」

 

それから僕は進研ゼミを真面目にやり続けた

そしたら・・・・

 

何と成績が上がったぁぁぁぁぁ!

しかも、部活も上手くいくようになった!

 

今度は君の番だ!
進研ゼミ一緒にやろうよ!

 

みたいな感じです。

神話の法則をシンプルに言うと

変化をしているということ

昔はダメだった⇒変わるきっかけ⇒理想の新しい世界

 

例えば

以前僕はいじめられていました。
カツアゲされたり、リンチされたりして
散々な目にあってました。生きる希望もなく辛い日々でした。

ある日
テレビを見ていたら格闘技の試合がやっていて
その姿に衝撃を受けて、自分もこうなりたいと強く思いました。

格闘技のジムに入会して
格闘技を始めて
最初は上手くできなかったけど
徐々に上達していくのが楽しかったです。

数年後僕は格闘技団体のチャンピオンになりました。
昔はいじめられていたけど、
人生を諦めず格闘技を頑張ったら人生変わりました。

だから、人生諦めないでほしい。

 

ちょっと作ってみましたが
こういう感じですかね。

 

変化をしないとつまらないのです。

僕は昔からもの凄い頭が良かったです。
今も、そして、受験勉強を難なくこなし
偏差値70以上の高校に入り、その後東大に・・・

逆のパターン
僕は昔からもの凄い頭が悪かったです。
今も、そして受験は失敗し偏差値が低い高校しかいけませんでした。
大学受験も失敗し、何度も浪人しても希望の大学には行けず・・・・

変化がない。感動しない、共感を得にくいですよね。。

神話の法則で読まれる文章を作る為の12のパーツ

神話の法則で読まれる文章を作る為の12のパーツ。

  1. 日常の世界
  2. 冒険への誘い
  3. 冒険の拒絶
  4. 賢者との出会い
  5. 第一関門突破
  6. 試練、仲間、敵
  7. 最も危険な場所への接近
  8. 最大の試練
  9. 報酬
  10. 帰路
  11. 復活
  12. 宝を持って帰還

 

これから1つずつ解説していきます。

 

1、日常の世界

この時点では主人公の日常場面が描かれています。
変化前の主人公です。

格闘技でチャンピオンになった主人公の
例を出したのでそれで説明すると

この時点での主人公は
カツアゲされたり、リンチされたりして
散々な目にあっていて。生きる希望もなく辛い日々の描写ですね。

2、冒険への誘い

いつもの日常を過ごしていたけど
主人公に転機が訪れます。

例、テレビを見ていたら格闘技の試合がやっていて
その姿に衝撃を受けて、自分もこうなりたいと強く思うところ。

3、冒険の拒絶

最初主人公は乗り気ではなく
それを断ります。ですが結局承諾します。

例、でも自分には格闘技なんて無理だと諦めそうになります。

4、賢者との出会い

賢者とは、師匠のような感じの人
主人公に色々アドバイスをしてくれる人
そういう人物が現れます。

例、自分が偶然通りかかった道に
テレビで戦っていたあの格闘家の姿が見える。

5、第一関門突破

主人公が現状を受け入れて本格的に物語に入り込む感じ
第一関門突破するともう戻れないという描写があったりします。

例、その憧れの格闘家に招かれて
格闘技ジムに入るところ。

6、試練、仲間、敵

主人公に色んな試練が訪れ
仲間や敵にも出会い成長していくイメージです。

例、格闘技ジムで練習している練習生達との出会い

7、最も危険な場所への接近

最も危険な場所への接近をしなければいけません。
これをクリアしなければ先へは進めない状況ですね。

例、いきなり格闘技経験もないのに
無茶なスパーリングを勧められたりする。

8、最大の試練

主人公は1番大変な状況を乗り越えなければならないです。
ラスボスと戦ったりとかですね。

例、勇気を出してスパーリングをするところ。

9、報酬

最大の試練を無事乗り越えた主人公は
それ相応の報酬を得ることになります。

例、勇気を出してスパーリングをした事で自信がつく。

10、帰路

主人公は帰路につこうとしますが
まだそこの場所から逃げている最中。

例、何とジムには自分をいじめていた奴が
偶然ジムに来てしまい絡まれてしまう。

11、復活

冒険が終了して、非日常から戻ってくる感じです。
クライマックスでもあります。

例、いじめてくる奴を見事に撃退する。

12、宝を持って帰還

ここで冒険中に得た仲間や
経験学んだ事などと共に帰還します。

自信をつけた主人公はこれから
格闘技チャンピオンへの道を歩み始める。

これで物語は終了ですね。

 

オリジナルで物語作ってみたけど
こんな感じで分かってもらえましたかね?

神話の法則を知るメリット

神話の法則を使えると
相手の心を動かせまくれて人心掌握できる

かなり危険方法でもあるので悪用厳禁

世の中悪用してる連中はたくさんいるらしいけど
良い様に使えば、自分の周りを幸せにできる法則

 

例えば、
飲食店でワインを売りたい場合
普通に販売するより

神話の法則を使い

このワインが出来上がるまで
10年もかかりました。

希少高級なブドウを仕入れる為に
私自らなけなしのお金を使い
フランスに通い詰めて
何度も頭を下げて契約する事ができました。

工場を作る時も
何度も失敗して大変でした。

何度も諦めそうになりましたが
このワインを飲んで喜ぶお客様の顔が浮かんできて
乗り越える事ができました。

このワインには私の血と涙と汗の結晶
我が子のように愛しいワインです。

とかのようにただのワインとして販売してるより
ストーリー聞かされた方が注文が増えるはずです。

最後に

今回は「神話の法則を使ったストーリーライティングで、読まれる文章を作る方法!」
という話を書きました。

神話の法則の型、12のパーツもあって、大変だ!
と思ったかもしれませんね。

12のパーツ全部は入れなくてもOKで
無理に入れるのではなく、自然になるようにしましょう。

 

すごいシンプルに言うと
神話の法則とは変化です。

ダメだったのに、何かのきっかけで良くなっていく。

最初良かったのに、ある事がきっかで転落してしまう、そこからまた復活するにみたいな。

是非使ってみてください。

 

今回は以上です。
ありがとうございます。



最近LINE公式アカウント作りました。

僕が1対1トークで相談のります、
僕自身最初は相談できる人がいなくて困ってました。

何をすれば何をやればいいのかわからない。

でも、気軽に質問や相談できる人がいればそういう
モヤモヤしている時間がなくなります。
時間の短縮になります。
人生は有限なので、ぼーっとしてたら
あっという間に歳だけとって後悔してしまうと思います。
「あぁ、あの時行動していれば」というような。

ブログでは書いていないようなあなたに最適化した情報も
公式ラインアカウントで直接やりとりする事で
できますし人によって今状況が違うと思うので
1人1人にあった方法などお話できたらと思ってます。

僕自身今個人コンサルを受けていて日々精進しています。
色んな情報シェアしてお互いに一緒に頑張って成長できたら良いですね。

あっ、もちろん無料なので安心してください笑
時間も特に気にせず
友達や先輩みたいな感じで気軽にLINEしてください!

友だち追加