天才たちの共通点たった1つの

天才、共通点

動画でもブログと同じような内容を喋りました。


 

こんばんは、ユウです。

 

過去色んなジャンルで、

天才たちは多くいますが、

その天才たちには、たった1つ

共通点があったようです。

 

その共通点何だか分かりますか?

 

大半は「才能」だと思うでしょう。

 

ですが、違います。

 

たった1つの共通点、

それは「圧倒的な作業量」です。

 

 

世界的天才、美術家ピカソは

生涯に147,800点もの作品を残したそうです。

 

ピカソは16歳でデビューして、

91歳で亡くなったので、

75年間あります。

 

もし、75年間1日も休まないで、

1日1作品作成しても、27,375作品しか作れません。

 

なので、ピカソは1日5作品以上のペースで毎日作業していたのです。

 

 

他には、

漫画界の天才、手塚治虫は

亡くなるまでに700点以上の作品を残したそうです。

 

約15万枚、書いたようです。

 

天才は、才能がどうとかではなく、

徹底的に作業に没頭するから良いものが生まれてくる。

 

 

後、ピカソも、手塚治虫も、

一般人が知ってる作品て、ちょっとだけじゃないですか?

 

正直僕は、二人とも詳しくないです。

 

ピカソは作品見ても、

その作品名とかは分からない状況です。

 

多分そういう人が多いのではないかと思っています。

 

そういう感じでも、

ピカソが世界的天才と言われていることは、

知っています。

 

手塚治虫も、知っているのは鉄腕アトムくらいですが、

それでも、天才と言われていることは知っています。

 

ピカソが14万以上の作品で、その中の1つや2つ、

手塚治虫700以上の作品で、1つや2つ

たったそれだけ有名になれば、世の中に

認めてもらえる、天才となる。

 

ピカソや手塚治虫がこれだけの作品数があっても、

一般人に知られているのはちょっとだけという事に、

希望が感じられると思いました。

 

人生が終わるまでに何回でも挑戦して、

それでたった1つや2つ、世の中に知られるようになれば、

それだけで天才と評価されるのです。

 

何回も挑戦できて、

たった1つや2つの成功で全てをリセットできる。

 

それって素晴らしい事だと思いませんか?

 

(一般人に知られていない作品が、ダメだったと言っているわけではないです。

世の中に知られているのが成功だとすれば、という事で話をしています。)

 

何百回、何万回、何十万回も作業すれば、

1つや2つくらい、世の中に評価されるくらい良いのが生まれるでしょう。

やっていくうちに慣れるし、質も向上するので。

 

人生諦めずに何度でも挑戦していれば、

いつか花が咲くと、希望を感じられのではないでしょうか。

 

今回は以上です。

ありがとうございます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は2016年にうつ病になりました。
当時ブラック企業に勤めていて精神も肉体も崩壊して、
「もう死んでもいいかな」と思うまでになってしまいました。

それから何とか快復して
「もう雇われる人生は嫌だ!」と強く思い、
雇われずに生きていく決意をしました。

ビジネスの勉強をし
経営者の人たちとお会いしたりして、ビジネス仲間もでき、
今は自動でビジネスが回る仕組みを作っています。

そして辛かったブラック企業の実体験をまとめて、
無料で読めるようにしました。

お読み頂いた方々から、

「文章上手いですね!」
「めっちゃ面白かった!」
「すごい引き込まれました!」

 
などの感想を頂いており好評です。
お手にとっていただければ嬉しいです。
 
下のリンクをクリックするとダウンロードページに飛びます。