辛いイジメにあった人へ。

イジメ

動画も撮ったのでよかったら観てください。


 

こんばんは、ユウです。

 

たまにふと頭に思い浮かぶことがあります。

 

何かというと

自分がイジメにあっていた時の事です。

 

高校時代の話しなのですが

これをイジメと思いたくないし

恥ずかしく惨めだと思ってました。自分がイジメにあうなんて。

 

 

イジメてくる奴らはクソな連中という事は

大前提ですが。

 

今はイジメられてしまう人は

何かしらの原因があるのだと感じます。

弱弱しい感じがあるとか

何やっても怒らないとか。

イジメてくる連中に狙われる原因が。

 

もちろん、それらがイジメていい理由にはならないけど、

イジメてくる加害者は世界のどこにもいると思います。

人間の構造的にもイジメはなくならないらしいですし。。

なので、自分が強くなる必要もあると感じます。

護身術習うとか。

 

ただ実際イジメにあっている時は

そんな事思えません。

 

なんで自分が。

どうして。

何でこんな目に。

 

そう思ってました。

 

ここから当時の事を説明します。

いつの間にか

高校時代よく一緒にいるクラスメイトがいたのですが

僕はいつの間にかいじられキャラみたいになっていました。

 

知らぬ間に背中に

「僕は◯◯です」

と書かれた張り紙をされたりしました。

それを後ろにいた女子に指摘され恥ずかしく惨めな思いをしました。

みんなに笑われ追い打ちをかけられました。

 

ある日クラスメイトと話しているときに

ある1人の奴が自分の飲んでいるジュースを

突然口から故意に吹き出し僕の顔にかけてきました。

そいつは笑ってましたが、

他のクラスメイトは哀れみの顔をしていました。

淡々と顔を拭いていましたが惨めでした。

 

ある日の放課後

何人かのクラスメイトやその友達が

僕のズボンを数人で面白がり脱がそうとしてきました。

そしてそれを笑いながら見ていた奴に

すごい嫌だった事を伝えると

逆ギレされるという事態にもなり散々でした

辛いし「お前ら何なんだ!」と怒りが

でも何もできない。

 

少人数制の授業の時、

ある漢字が読めず意味も分からず質問した時から

ある1人のクラスメイトが

「そんなのも分からないとかバカじゃん!」

と言ってきました。

そいつはその後何かにつけて

僕をバカにしてきました。

「バカだからこれも分からないだろ!」

みたいな感じで。

とにかく不快でした。

 

「何で自分がこんなに目に」

周りは敵だらけ、味方もいない

と思っていました。

 

耐えるしかないと思っていた

当時の僕はこの辛い状況を耐えるしかないと思ってました。

この高校をやめたら、

このクラスからいなくなったら、

自分の人生が終わりくらいに思ってました。

中卒なんて事になったら

就職もヤバいとこしかない。

 

親にも恥ずかしくて惨めだしこの状況は言えなかった。

自分の子供がイジメにあい辛い思いをしてるなんて

知ったらショックだろうし。

わざと明るく振舞ってました。

「とにかく自分が耐えればいいんだ」

と自分自身に言い聞かせてました。

 

でも今当時の自分に言いたいことは

「そんな場所一刻も早く脱出するんだ」

ということです。

 

学校に通い続けるメリットは

高卒の資格がもらえるだけです。

 

当時の僕は学校に毎日通学する以外の

選択肢はなかったです。

とにかく行くしかないんだ

と思い込んでました。

 

この辛い体験から

この辛い体験に共感してくれた人もいると思います。

 

僕がこの辛い体験から何を言いたいのかというと

辛い苦しい嫌だとかネガティブな過去も

情報発信すれば

立派なコンテンツになる。ということです。

 

この辛い体験もあなたと共有したいです。

 

僕がこうやって情報発信することによって

同じように辛い体験をした人、

共感してくれる人に届くよう書いています。

 

辛い苦しい嫌だと感じる場所に居続ける必要はなく

そんなとこは早く脱出しましょう。

 

自分が居心地が良いと思う素敵な場所がきっとあります。

 

1人で我慢する必要もないです。

 

自分の辛い苦しい嫌だという体験も

ネットで発信していると

応援してくれる人が現れます。

自分の味方です。

そういう人たち1人1人を大事にする。

 

こういう辛い体験を発信するのは

正直最初は抵抗があり大変です。

 

でも勇気を出して

情報発信を始めると世界が広がります。

 

辛い体験も発信すれば

救われる人がいると僕は思っています。

 

自分を大切にしてくれる人

想ってくれる人

必要としてくれる人

はきっといます。

 

自分を諦めないでほしいです。

 

今回は以上です。

ありがとうございます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は2016年にうつ病になりました。
当時ブラック企業に勤めていて精神も肉体も崩壊して、
「もう死んでもいいかな」と思うまでになってしまいました。

それから何とか快復して
「もう雇われる人生は嫌だ!」と強く思い、
雇われずに生きていく決意をしました。

ビジネスの勉強をし
経営者の人たちとお会いしたりして、ビジネス仲間もでき、
今は自動でビジネスが回る仕組みを作っています。

そして辛かったブラック企業の実体験をまとめて、
無料で読めるようにしました。

お読み頂いた方々から、

「文章上手いですね!」
「めっちゃ面白かった!」
「すごい引き込まれました!」

 
などの感想を頂いており好評です。
お手にとっていただければ嬉しいです。
 
下のリンクをクリックするとダウンロードページに飛びます。
 
 
 
 

2 件のコメント

  • はじめまして。
    ランキングからきましたミラです。
    なぜいじめがあるのか分からないですが、いじめって無くならないですね。
    ココロが病気になる前に自分に合わないところからは抜けだす勇気も必要ですね!
    ネットビジネス、お互いにがんばりましょうねー!また訪問します!

    • はじめまして、ミラさん、
      ランキングからご訪問ありがとうございます。

      その通りでいじめはなくならないので
      とっとその場所から脱出する事が大事です!

      またのご訪問お待ちしています。
      ありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です