ブラック企業を辞めたいのは甘えではない2つの理由!悩んでいる若者へ辞める方法を話す

こんばんは、ユウです。

 

「ブラック企業に勤めていて、辞めたいけどそれは甘えではないのか?」
と悩んでいる人結構いると思います。

仕事を辞める事に抵抗感あるの分かります。僕も以前同じように思っていました。

なので、今回は辞めたいけど甘えなのでは?
と悩んでる人向けに記事を書いていきたいと思います。

ブラック企業辞めたいは甘えではない2つの理由!

僕はブラック企業辞める事は甘えではない!と考えてます。

ブラック企業辞めたいは甘えではない理由は

 

  1. 価値観の相違
  2. 違反している企業だから甘えとか以前の問題

 

この2つだと考えています。

1つずつ話していきます。

価値観の相違

自分の親世代に仕事を辞めるという事を話すと
高い確率で止められると思います。

仕事を辞めるという事に否定的な考えの人が多いと感じます。

僕も以前勤めていた会社を辞める時
年配のパート従業員に
「会社辞めて大丈夫?」
「次はもう辞めちゃダメだよ」
とか言われた。

でも、今は転職が活発になってきたし
ちょっと前に「終身雇用はもう厳しい」というような事を
トヨタ社長や経団連会長が言ってました。

もう、1つの企業に定年までいる時代は終わりました。

今より良い場所、自分に合った場所はあるはずです。

日本だけでも企業400万社以上ありますし。

独立する事だってできるので
一歩踏み出した方が良いと思います。

違反している企業だから甘えとか以前の問題

そもそもブラック企業に勤めている時点で
辞めた方が良いと思います。

経営陣が良くないから
そういう企業になっているので
早めに脱出するのが賢明だと思います。

若い大事な時間を無駄にしてしまいます。

長時間労働、休日出勤(無給)代休なし、残業代未払い
暴言、暴力とか。

違反してるような企業とかにいても
自分が苦しい、辛い、嫌な思いをするし
搾取され続けてしまいます。

今いる世界が全てではないです。
もっと良い世界が必ずあります。

ブラック企業を辞めない事による危険性

僕が勤めていた最後の会社はIT企業でした。
上司と馬が合わなくてかなり苦労しました。

 

ブラック企業を辞めない事による危険性を二つにわけました。

 

  1. 若い時の貴重な時間を無駄にする
  2. 精神的にも肉体的にも疲弊して、うつ病になってしまう

 

これから話していきます。

若い時の貴重な時間を無駄にする

以前僕は周りが驚くぐらいの食事量でした。
食事が好きで、楽しみの1つなのですが

上司が来て、
「そんなに食べるの馬鹿!」
と真顔で蔑んだ顔と雰囲気声のトーンで言うので不快でした。

人間的に嫌いで
例えるなら、ゴキブリと一緒の部屋に閉じ込められながら仕事してる感じです。

そんな上司と毎日仕事をしているのでストレス半端ないし
土曜日は無給の研修があり
その研修担当者との折り合いも悪く苦痛でした。

こんな嫌な時間を過ごすのは損失です。

若い時間は貴重だと思いますし
ブラック企業に勤めていたら、
プライベートの時間もなく
毎日遅くまで労働し休みもろくにないし
ブラック企業に人生捧げているような感じです。

精神的にも肉体的にも疲弊して、うつ病になってしまう

「辛くて苦しくても嫌でも我慢しなければならない。」と思い込んでました。

その結果、精神的にも肉体的にも限界に達してしまい
ある日突然仕事中の21時頃「うっ、気持ち悪い」
となり吐き気に襲われました。

その日はそれで帰れましたが
次の日も吐き気、気持ち悪さは治らず
頭痛、腹痛、下痢、吐き気、だるさなど
自分の人生史上最悪の体調不良を経験しました。

腹痛と下痢で
トイレに駆け込み
「もう大丈夫かな」と思ったら
また強烈な腹痛が襲ってきて
またトイレに駆け込むというのを
1日10回弱繰り返して
寝込んでいる状態でした。

これはマズイと思い
人生で初めて心療内科に行きました。

その結果、
医師に「うつ病ですね」「会社辞めないとダメ」という事を言われました。

まさか自分がうつ病なんて・・・
とショックでしたね。。

悩んでる若者へブラック企業の辞め方を話す

実際に「よし、辞めよう!」と思っても
どうやって辞めたらいいのだろうと思ったりするかもしれないので
ブラック企業の辞め方をこれから書いていきます。

 

  1. 会社の人間に直接言う
  2. 退職代行サービスを使う
  3. 速達で送付してしまう

 

会社の人間に直接言う

ブラック企業の場合、上司に言っても話にならないという事もあると思うので
人事部に直接言うってのもありだと思います。

上司に直接言うよりも
話が早いのではと感じています。

僕は上司に言いづらかったので
社内のチャットメッセージで人事部に直接言って
人事部の人と直接話をして辞めた事もあります。

すんなりと事が運んだ感じです。

退職代行サービスを使う

人事部にも直接言えないという人もいるでしょう。

聞いた事あるかもしれないですが
「退職代行サービス」を使うのも1つの選択肢だと感じます。

自分でやる必要がなく
業者が退職に関する事をやってくれるようです。
「明日から出社しなくていい」とかって宣伝文句ですね。

正直僕は退職代行サービスを使った事はないですが
1つの選択肢としてありなのではないかと考えています。

ただ3万~5万円くらいは料金かかってしまうので
それがデメリットだと僕は感じますが
今辛くて辛くて仕方がない人は
3万~5万円でその苦痛から逃れられるなら安いでしょう。
全然ありだと思います。

速達で送付してしまう

この方法もやった事ありますが簡単です。

退職届を自宅で書いて社員証や保険証など会社関係のモノを
一緒に封筒に入れて速達で送付しました。

それで、問題なくすんなり辞めれました。

個人的には退職届と会社関係のものを郵送して辞める方法が
1番ストレスなくすんなり辞めれる方法だと感じています。

まぁ、直接言えるなら言った方が良いと思いますが。

ブラック企業辞めた後はどうする?

「辞めたはいいけどその後はどうしたらいい?」
という声が聞こえてきそうなので
辞めた後の事も書いていきます。

 

  1. ホワイト企業に転職活動して入社する
  2. 派遣とか非正規雇用で働く
  3. ビジネスを始める

 

ホワイト企業に転職活動して入社する

「ホワイト企業に入れたら良いな」という考えも
もちろんあると思います。

ただ、ホワイト企業に入るには高学歴だったり
高いスペックが必要になってくると思います。

高いスペックがある場合は良いでしょうけど
ホワイト企業入社は難しいと思います。

まぁ、ホワイト企業でも
いつ潰れるかもわからないですし。

派遣とか非正規雇用で働く

とりあえず辞めたら
派遣とか非正規雇用で働くのが現実的ですかね。

すぐ働けるし
自分で色々選べるし良い気がします。

だけど
ずっと派遣とかの非正規雇用でいるのも不安ですよね?

一時的には
全然良いと思いますが
この先何年何十年と非正規雇用だと不安だと感じますね。

ビジネスを始める

これはやった方が良いです。

「えっ、自分でビジネスするってハードル高くない?」
って声が聞こえてきそうです。

ハードルかなり低いです。
僕が言っているビジネスと言うのは
コンテンツビジネス=情報発信ビジネスの事です。

「えっ、何それ!」
って感じだと思うので説明すると
僕が今やってるようにブログを作って自分の好きな事を発信していって
ファンを作り、そのファン向けに商品販売するビジネスですね。

例えば、筋トレが好きな人は
筋トレのブログを作って筋トレについて日々発信をしていきます。

そして、
ファンにメルマガを登録してもらい
筋トレに必要なものを売ったりします。プロテインとか。

その売れた金額の何パーセントかが自分の利益として入ってきます。

簡単に説明するとこんな感じです。

自分の好きなジャンルで発信してファンを作って
自分が良いと思うものを、ファンに必要だと思うモノを
ファンに販売していきます。

正規非正規問わず、
ホワイトなところで働きながらビジネスをするのがベストですね。

最後に

今回は
「ブラック企業を辞めたいのは甘えではない2つの理由!悩んでいる若者へ辞める方法を話す」
という話をしました。

早めにブラック企業は辞めて
ホワイトな環境に移行してビジネスを始めましょう!
という事ですね。

今のブラック企業にいても
マイナスなだけだと思うので
見切りをつけて新しいスタートをしましょう。

後気軽にLINE公式アカウントから連絡ください。
もちろん無料なので。

こんな感じで終わりにしたいと思います。
ありがとうございます。



最近LINE公式アカウント作りました。

僕が1対1トークで相談のります、
僕自身最初は相談できる人がいなくて困ってました。

何をすれば何をやればいいのかわからない。

でも、気軽に質問や相談できる人がいればそういう
モヤモヤしている時間がなくなります。
時間の短縮になります。
人生は有限なので、ぼーっとしてたら
あっという間に歳だけとって後悔してしまうと思います。
「あぁ、あの時行動していれば」というような。

ブログでは書いていないようなあなたに最適化した情報も
公式ラインアカウントで直接やりとりする事で
できますし人によって今状況が違うと思うので
1人1人にあった方法などお話できたらと思ってます。

僕自身今個人コンサルを受けていて日々精進しています。
色んな情報シェアしてお互いに一緒に頑張って成長できたら良いですね。

あっ、もちろん無料なので安心してください笑
時間も特に気にせず
友達や先輩みたいな感じで気軽にLINEしてください!

友だち追加