1日3食食べなければならないという常識。

1日、3食、常識

動画でもブログと同じような内容を喋りました。


 

こんばんは、ユウです。

 

僕は今1日1食の生活をしている。

 

以前は3食食べるのが当たり前で、朝ご飯食べれなかった時は、罪悪感や不安に襲われた。

「どうしよう!朝ご飯食べれなかった。身体は大丈夫だろうか?」

という思いだった。

 

うつ病になり、快復後は食事の量も減り自然に1食になった。

肉が好きで野菜は嫌いで全然食べなかったけど、今は食べるしヘルシー志向になった。

 

それまでは食べる量が人に驚かれるほどだった。

1食で弁当2、3個、麺類2、おにぎりやパン5、6個とか普通だった。

驚いて写メ撮る人もいた(笑)

 

人はなんとな~く、知らず知らずのうちにやってるということがある。

 

1日3食食べなければダメという常識を信じて、実行している人が大半だと思うけど、

空腹でもないのに、時間で朝食、昼食、夕食として食べていないでしょうか?

以前の僕はそうだった。特に空腹でもないけど、食べていた。

今思うと無駄だったなと感じる。

 

1日1食にすれば、食費、時間、労力の節約にもなる。

1食がキツいなら、2食でもいいし、とりあえず試してほしい!

 

今回は以上です。

ありがとうございました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は2016年にうつ病になりました。
当時ブラック企業に勤めていて精神も肉体も崩壊して、
「もう死んでもいいかな」と思うまでになってしまいました。

それから何とか快復して
「もう雇われる人生は嫌だ!」と強く思い、
雇われずに生きていく決意をしました。

ビジネスの勉強をし
経営者の人たちとお会いしたりして、ビジネス仲間もでき、
今は自動でビジネスが回る仕組みを作っています。

そして辛かったブラック企業の実体験をまとめて、
無料で読めるようにしました。

お読み頂いた方々から、

「文章上手いですね!」
「めっちゃ面白かった!」
「すごい引き込まれました!」

 
などの感想を頂いており好評です。
お手にとっていただければ嬉しいです。
 
下のリンクをクリックするとダウンロードページに飛びます。